トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

手摘み体験 いわた新茶まつり

茶摘みを体験する子どもたち=磐田市で

写真

 磐田市産の磐田茶をPRする「いわた新茶まつり」(磐田青年茶業研究会主催)が十二日、市内の茶園などであり、地元の子どもたちを招いた茶摘み体験やショッピングセンターでの試飲会などで、新茶シーズンの幕開けをアピールした。

 茶摘みは、同研究会の鈴木清助会長の茶園で行い、市内の八小学校と一保育園の子どもたち約五百人が参加した。会員や着物姿の茶娘らの手ほどきを受けながら手摘みを体験し、磐田南小四年の三岡叶人君は「難しいと思ったけどやってみたら楽しかった。お茶が好きなので早く飲みたいです」と話した。

 子どもたちが摘んだ茶葉は、JA遠州中央ですぐに製茶し、市内のショッピングセンターの買い物客らに振る舞った。

(夏目貴史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索