トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

葵区で日本茶インストラクターら認定

日本茶インストラクター認定証を受ける合格者=静岡市葵区のホテルで

写真

 NPO法人日本茶インストラクター協会(東京都港区)は、日本茶のインストラクター(中級指導者)とアドバイザー(初級指導者)の認定式を静岡市葵区のホテルで開いた=写真。

 日本茶の基礎知識と入れ方を学び、試験に合格した人を資格者として認定し十九年目。一七年度は県内からインストラクターに三十人、アドバイザーには百三十七人が合格し、四月からお茶の入れ方講座などで活動する。

 両資格者四十七人が出席。同協会県支部員ら六十人が見守る中、認定証を受けた。同協会の小島康平副理事長は代読あいさつで「日本茶を支える人として誇りを持ち、正しい知識を消費者に伝えてください」と励ました。

 インストラクターに合格した製茶会社佐藤園食薬研究所(静岡市葵区)の研究員秋山真早美さん(21)は「お茶の勉強を深めようと受験した。仕事に生かしたい」と話していた。 

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索