トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 新団長に中根さん 県茶業青年団

三役の(左から)中根基臣団長と宮崎剛至副団長、芝田桂一副団長=静岡市葵区で

写真

 県茶業青年団は8日、静岡市葵区のホテルで総会を開き、2018年度の役員、予算、事業計画を決めた。

 新団長に中根製茶(掛川市)の中根基臣社長(41)、副団長にマルミヤ製茶(藤枝市)の宮崎剛至取締役(42)、会計付き副団長に美笠園(掛川市)の芝田桂一常務(41)を選んだ。任期はいずれも1年間。中根団長は「団員の交流を深めて団結力で静岡茶の新しい価値を生み出していきたい」と抱負を述べた。

 予算は706万円。茶の鑑定力を磨く県、全国大会の経費に128万円、静岡茶普及事業に122万円、お茶の入れ方教室に100万円などを計上した。入れ方教室は12地区ごとに取り組む。17年度は小学生を中心に37会場で開き、2031人が参加した。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索