トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

小中学生ら、お点前披露 御前崎でひなまつり茶会

お点前やお運びをする子どもたち=御前崎市池新田の丸尾記念館で

写真

 御前崎市で開かれている伝統文化こども茶道教室の「ひなまつりお茶会」が四日、同市池新田の丸尾記念館で催され、教室に通う小中学生がお点前をして一年間の稽古の成果を披露した。

 男の子五〜六人を含む小中学生合わせて二十四人が昨年四月から茶道を学び、七夕やお月見など、日本の伝統行事に合わせて茶会を開いてきた。

 子どもたちは、つるし飾りで彩った茶室で、保護者らのサポートを受けながらお点前やお運びを作法に沿ってこなし、八十人ほどの客をもてなした。

 教室で指導している裏千家師範の赤堀みち代さん(69)=同市池新田=は「小さい頃からお茶の味に慣れ、お茶を飲む習慣が付けば心にも体にもいいですよ」と話した。

(河野貴子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索