トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

抹茶で保護者もてなす 袋井・笠原こども園園児

自分でたてた抹茶で母親らをもてなす年長児=袋井市笠原公民館で

写真

 卒園を控えた袋井市笠原こども園の年長児二十四人が二十三日、近くの笠原公民館に保護者を招き、自分でたてた抹茶でもてなした。

 園では毎年、年長児を対象とした茶道教室を開催。本年度も地元の鈴木悦子さんら三人の「わくわく先生」から六回にわたり、茶道の基本の手ほどきを受けた。

 園児らは公民館の和室に正座し、真剣な表情で茶せんを動かしてお点前を披露した。お運びも園児が務め、母親らに「どうぞ召し上がれ」と抹茶を差し出した。母親らは作法にのっとりきびきびと動く子どもたちの成長した姿に目を細め、ゆったりとした気分でお菓子とお茶を味わっていた。 

(土屋祐二)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索