トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 カテキン研究の原征彦さん講演

◆10日、都内で

写真

 茶カテキン研究の第一人者の原征彦さん(75)=写真=が10日午後1〜5時、東京都千代田区の大妻女子大千代田キャンパスで開かれる茶業セミナーで講演する。聴講無料。

 原さんは茶カテキンを主成分とする薬を世界で初めて開発し、イボ治療薬として米国食品医薬品局の販売認可を得た。がん治療研究にも挑んでいる。「講演は茶の健康作用の研究が産業発展につながった例やそうでない例を挙げ、研究と産業の双方が良くなるために何が必要かを考えるきっかけにしたい」と話した。

 セミナーは全国茶生産団体連合会などでつくる協議会が茶業の未来を考えようと開く。県立大の岩崎邦彦教授も講演し、茶の消費拡大の方法を提案する。希望者は氏名、住所、勤務先(所在地含む)、連絡先を用紙に書いて全生連=ファクス03(5259)1177=へ。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索