トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

浜松産PRに功績 大臣賞の茶農家らを祝賀

写真

 二〇一七年度全国茶品評会で、浜松市天竜区の二つの茶農家が受賞した農林水産大臣賞を祝うとともに、出品者たちをねぎらう受賞記念祝賀会が三日、同市中区のホテルコンコルド浜松であった。関係者ら約百人が出席し、全国に浜松産のお茶をPRした功績をたたえた。

 昨年九月に長崎県大村市であった出品茶審査会では、普通煎茶十キロの部で春野茶振興協議会の栗崎貴史さん(52)が、普通煎茶四キロの部で天竜茶研究会の太田勝則さん(54)=写真右端=が、それぞれ最高位の農水大臣賞を受賞した。こうした活躍もあり、普通煎茶四キロの部で、浜松市は五年ぶり二度目の産地賞に輝いた。

 祝賀会では冒頭、鈴木康友市長が「茶業関係者の日ごろのたゆまぬ努力に深くお礼を申し上げたい」「浜松茶、天竜茶、春野茶、それぞれの特性を持ったお茶の振興を進めていきたい」とあいさつした。

 出品者を代表して、太田さんは「産地賞は、開催地が有利とされる中で受賞できたのは、ありがたい。支えてくださった関係者に感謝したい」と語った。

 一七年度全国茶品評会には、十九都府県から七茶種・八部門へ計八百四十一点が出品された。

(鎌倉優太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索