トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 茶で訪日観光客呼び込みを 葵区で25日研修会

 お茶を生かして訪日観光客を呼び込む方策を学ぶ研修会が25日午後1時半〜4時、静岡市葵区御幸町のレイアップ御幸町ビル内CSA貸し会議室で開かれる。日本茶輸出促進協議会(東京)が、地域おこしにつなげてもらおうと企画。事例紹介や外国人の意向調査の発表がある。

 事例紹介では、「韮山反射炉」(伊豆の国市)前の土産品店で茶を製造直売し、茶摘み体験サービスもしている「蔵屋鳴沢」の稲村浩宣社長と、静岡市で茶体験ツアーを催している旅行会社「そふと研究室」の坂野真帆社長が説明する。

 静岡市に続いて京都、福岡、鹿児島でも開かれる。参加無料。希望者は団体名(会社名)、氏名、電話番号を用紙に書いて同協議会(日本茶業中央会内)ファクス03(3459)9518=へ。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索