トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

県庁の給茶機で「つゆひかり」提供

「つゆひかり」を紹介する茶娘姿の御前崎市職員ら=県庁2階ロビーで

写真

 県庁の二階ロビーにある給茶機で来庁者に振る舞われている静岡茶が十五日から、御前崎産の品種「つゆひかり」になった。今後は期間限定で産地を変え、提供していく。

 県は、来庁者をもてなそうと昨年十一月から給茶機でお茶を提供。お茶振興課が管理しているが、県内の一部産地から原料供給の申し出があった。御前崎産は二十六日まで、次は掛川産が予定されている。

 十五日は御前崎市の女性職員が茶娘姿で振る舞い、地元農家が生産に力を入れているお茶をアピールした。味わった女性は「ホッとできます」と喜んでいた。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索