トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 12月売り上げ5%減 小山園

 県内に直営6店を持つ茶専門店「小山園」(静岡市葵区)の2017年12月の売り上げは前年同月比5%減だった。12月は歳暮向け贈答品が中心。営業担当者は「前年に新商品として投入できた受賞銘茶が今回は売り出せず伸びなかった」と分析した。

 売れ筋は掛川茶と川根茶の2缶3240円の商品で、5年連続の売り上げ1位だった。4000円以上の贈答品の売れ行きに変化はなく、担当者は「景気上向きの実感はなかった」と振り返った。

 遠鉄百貨店(浜松市中区)の食品売り場にある店舗は前年を上回るなど、店舗によって増減があった。食品売り場の茶専門店は16年9月に2社から3社に増えて競争が激化している。担当者は「食品売り場全体の販売が伸び悩む中、茶全体では増えていて相乗効果が出た」と話す。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索