トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

高級ボトル茶いかが 沼津と静岡の業者が商品化

販売が始まった地元産高品質茶葉を使ったボトリングティー=静岡市役所で

写真

 沼津市の茶商「静岡茶通亭」が、地元産の高級茶葉「白葉茶」を使った瓶詰めのボトリングティーの販売を始めた。

 商品名は「Liquid Tea 献上茶 静岡白葉茶 本山」。水出しで低温抽出することでうま味を引き出し、ワイングラスなどで味わう。一本七百二十ミリリットルで一万七千円と六千円(いずれも税抜き)の二種類。

 白葉茶は生産量が少なく希少。玉露をしのぐ味わいとも言われる。静岡茶通亭が、以前から水出し製法によるボトリングティーの販売をしていた静岡市葵区の清涼飲料メーカー「ベネフィッティー」に依頼し、茶葉の生産者と連携して商品化した。三月から大手小売店が贈答品向けにインターネットなどで販売している。

ワイングラスなどで楽しめるボトリングティー=静岡市役所で

写真

 静岡茶通亭の加藤喜裕執行役員(47)は「注ぐだけでお茶の良さを分かってもらえる商品として幅広く売り出してきたい」と話している。問い合わせは、静岡茶通亭=電055(920)0025=へ。

(沢井秀之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索