トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

見学者を新茶でもてなし あす静岡茶市場で初取引会

 静岡市葵区北番町の静岡茶市場で二十四日午前六時半から、新茶初取引会が開かれる。式典や取引を見ることができる。今年初めて、見学者に静岡新茶三十グラムが千円で販売される(限定三百個)。

 式典では売り手の農家と買い手の茶問屋、小売店の経営者らが手締めをして祝う。取引では、農家から販売委託を受けた茶市場職員が買い手と値段を交渉する。

 見学者向けに新茶のもてなしがあり、茶摘み衣装の女性らが茶わんで振る舞う。茶の手もみを披露し、イチゴや葉しょうが、きんつばが販売される。七時半からは餅まきもある。

 翌二十五日から五月十日までは、旅行会社「そふと研究室」(静岡市葵区)が催す「早朝の茶市場へ潜入ツアー」がある。参加費は二千五百円(朝食付き)。問い合わせは同社=電054(272)0525=へ。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索