トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

新茶初取引 最高値の幕開け

初取引が始まり、来場者にお茶を勧める茶っきり娘=24日、静岡市葵区の静岡茶市場で(立浪基博撮影)

写真

 新茶シーズンの到来を告げる「新茶初取引」が二十四日、静岡市葵区の静岡茶市場であった。最高値は富士宮市のJA富士宮茶業委員会の手もみ茶で、過去最高の一キロ当たり百八万円だった。三月に気温が低めだったこともあり、前年より三日遅い初取引だったが、新芽の生育は良好で、農家や流通業者ら八百人が手締めをして活発な商いを祈った。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索