トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

香りと味を品定め 川根地域で新茶初取引式

取引がまとまり、手を合わせる関係者たち=川根本町下長尾のJA大井川中川根支店で

写真

 島田市北部と川根本町の川根地域の新茶初取引式が二十八日、同町下長尾のJA大井川中川根支店であった。

 昨年より三日遅い開催で、五口二六・九キロが持ち込まれた。生産者や茶商、来賓ら百人が出席。商談では、茶商が茶葉の具合を見つめ、香りを味わって品定めした。取引がまとまると「シャンシャンシャン」と手を合わせた。最高値は三万八千円、総平均単価は一万六千五百九円だった。

(古池康司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索