トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

飲んで食べて、深蒸し茶堪能 菊川で新茶の催し

菊川の深蒸し茶を味わう来場者ら=菊川市大石の小菊荘で

写真

 飲んで食べて新茶を味わう催し「新茶にコイ!」が三十日、菊川市大石の市営保養センター小菊荘で開かれ、来場者が菊川特産の深蒸し茶を堪能した。

 茶娘が六〇〜七〇度の湯でじっくり入れた深蒸し茶の試飲や販売、新茶葉の天ぷら試食があり、来場者が次々と手を伸ばしていた。

 茶の粉末を練り込んだ餅のほか、茶を使ったようかんや刺し身蒟蒻(こんにゃく)、ジャムなど、菊川茶づくしの試食品も並んだ。

 指定管理者として小菊荘を運営するNPO法人「砦(とりで)」の大橋芳広理事長は、「今年はお茶の生育が遅れていたけど、間に合って良かった」と話していた。

(河野貴子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索