トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

茶畑風景をカメラに収め 富士で「茶まつり」

地元の中学生らが茶娘姿を披露した「お茶まつり」=富士市大淵で

写真

 富士市大淵の茶園で三日、「おおぶちお茶まつり」が開かれた。地元の中高生らが茶娘姿で茶葉を摘む姿を写真愛好家らが競うようにカメラに収めた。

 電柱などがなく、茶畑と富士山を同時に撮影できるスポットとして近年、人気が急上昇。まつりでは写真コンテストと同時に、地区のまちづくり協議会などが協力して模擬店や野だてを用意し、盛り上げに努めた。

 茶園を経営する武口荘八さん(73)によると、茶葉の生育が例年より十日から二週間程度遅れ、緑が濃くなるのはもう少し先。場所を譲り合いながら撮影する人たちからは「中旬ぐらいにもう一回来たいなあ」との声も漏れた。

 カメラ三台を手に訪れた滝本金雄さん(68)は午前三時前に茨城県牛久市の自宅を出発し、山梨県の忍野八海で桜を撮影後、午前七時半ごろに大淵に到着した。「茶畑の風景は懐かしさがあっていい。この後は本栖湖の芝桜を撮りに行こうかな」と富士山麓の自然を満喫していた。

(前田朋子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索