トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

茶摘みで香りを満喫 春野・犬居小児童が体験

丁寧に茶葉を摘み取る児童ら=浜松市天竜区春野町で

写真

 浜松市天竜区春野町の犬居小学校の児童が十一日、学校近くの瑞雲院の茶畑で茶摘みを体験した。

 春野の自慢や特産をテーマにした総合学習の一環で、三〜五年生の十五人が参加した。同町出身で自宅の茶畑で幼少から茶摘みを手伝っていた原山孝彦校長が指導し、枝先の新しい茶葉から摘み取るようアドバイスした。

 児童らは「良い香りがする」と茶葉を鼻に近づけるなどし、次々に摘み取って袋に入れた。この日摘んだ十キロ分は町内の工場で製茶した後、学校に届けられる。五年生の大畑竜也君(10)は「自分たちで摘んだお茶を飲むのは楽しみ」と話した。

(島将之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索