トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

手もみ体験で苦労味わう 中区西小4年生

茶もみを体験する児童ら=浜松市中区の西小学校で

写真

 製茶体験の授業が二日、浜松市西小学校(中区)であり、四年生約六十人が手もみの苦労を味わった。

 西区大平台で「やますえ製茶」を営む鈴木三和司さん(62)の協力で、児童が五月一日に摘んだ茶葉一・二キロを使った。

 児童は鈴木さんの指導を受けて、交代で作業。茶葉を作業台の上で転がしたり両手で擦り合わせたりしながら、四時間かけて水分を飛ばした。

 手もみした茶葉は各家庭に持ち帰り、味わってもらう。宮下佳乃子さん(9つ)は「お茶を作るのは思ったよりも大変だった」と話した。

(吉川翔大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索