トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

香り高い手揉み茶に 袋井市保存会が講習会

回転揉みの基本を見学する参加者=袋井市の茶ピア取引所で

写真

 袋井市茶手揉(てもみ)保存会(竹内正司会長)による夏期手揉製茶技術講習会が、同市岡崎のJA遠州中央茶ピア取引所で開かれた。

 手揉み技術の向上と会員の交流を目的に開催。会員十五人が参加し、茶匠の桜田勲さんが講師を務めた。

 会員はホイロと呼ばれる二台の作業台の上で、葉振るい、回転揉み、もみ切り、こくり、乾燥などの一連の工程に取り組み、標準揉みの基本を確認。伝統の技を駆使し味わい深く香り高い手揉み茶に仕上げるまで何度も繰り返した。

 竹内会長は「認定資格の取得を目指し、会員が一層の勉強に励んでもらいたい」と話していた。 

(土屋祐二)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索