トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

菊川でT−1グランプリ 最高賞に梁瀬君(横地小4)

審査員を前に、心を込めてお茶を入れる児童たち=菊川市のアエルで

写真

 菊川市内の小学生たちがお茶に関する知識を競い合う「第八回T−1グランプリin菊川」が二十三日、菊川文化会館アエルで開かれ、最高賞の「茶ンピオン」には梁瀬伊織(やなせいおり)君(横地小四年)が輝いた。

 お茶の知識を深め、茶業やおいしいお茶の入れ方を学んでもらおうと、市茶業協会が毎夏開いている。今回は小三〜小六の四十八人が参加し、クイズ「茶レンジ」に挑戦した。

 お茶の知識を問う○×式クイズに続き、紅茶、玄米茶などさまざまな茶葉の外観や香りなどから種類をあてる競技では五感を発揮して解答。「お茶の淹(い)れ方競技」では日本茶インストラクター、茶商らの審査員を前に、児童たちがよりおいしいお茶を入れることに挑戦した。湯温や茶葉の分量、抽出する時間などに心を配り、真剣な表情で取り組む奮闘ぶりに、大きな拍手が送られていた。

 ほかの上位は次の皆さん。

 (2)鈴木にこ(横地小三)(3)西田奈夏(加茂小五)(4)鈴木こころ(横地小五)(5)落合順菜(六郷小六)

(正木徹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索