トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

外観や味を審査 島田市茶審査会

お茶の香りを確かめる審査員=島田市金谷新町のかなや会館で

写真

 島田市内で生産されたお茶を品評する市茶業振興協会の審査会が二十四日、同市金谷新町のかなや会館で開かれた。

 普通煎茶の部に十七点、深蒸し煎茶の部に三十二点が出品された。農研機構や農林事務所、JAなどの七人が審査員を務め、外観や香り、味を細かくチェックした。

 入賞者は次の皆さん。

 【普通煎茶】優等 鈴木進▽一等 永井重光▽二等 初倉旧初茶農協、神鵜茶農協▽三等 大池剛弘、三浦浩司

 【深蒸し煎茶】優等 三浦克暢▽一等 永田英樹▽二等 河島司、下湯日茶農協、湯日第一茶農協▽三等 志戸呂茶農協、船木第一茶農協、丸東製茶、初倉阪本茶農協

(古池康司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索