トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

「お茶の実相撲」楽しむ 牧之原で選手権

お茶の実相撲を楽しむ参加者たち=牧之原市内の茶園で

写真

 お茶に親しんでもらう「国際スポーツお茶摘み選手権」(中日新聞東海本社後援)が二十六日、牧之原市内の茶園で催された。

 県内外から四人一組の九チームが参加。摘んだ茶葉が規定量にどれだけ近いかを競う「手摘み競争」や、お茶の実を押しつけ合って割れた方が負ける「お茶の実相撲」などを楽しんだ。農作業や茶葉の手もみを体験する時間もあった。

 茶価低迷などに苦しむ業界を活気づけようと、地元の茶農家らによる実行委が昨年に続いて開催した。

(佐野周平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索