トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

茶業振興基本計画策定へ初会合 島田市

茶業振興基本計画について審議する委員=島田市役所で

写真

 島田市の長期的な茶業政策の方向性を決める「第二次島田市茶業振興基本計画」の策定委員会初会合が三十日、市役所で開かれ、委員の茶生産者らが業界の苦境や今後の課題について意見を交わした。

 島田市の茶業振興基本計画は、二〇一一年度からの十年間の第一次計画が進行中だが、リーフ茶の消費低迷や生産者の高齢化などを受け、二次計画を前倒し。一八年度から二五年度までの八年間の計画をつくり、長期的に安定した茶生産を目指す。

 策定委員会は、生産者や茶商など十七人で構成し、委員長は市産業観光部の北川雅之部長が務める。初会合では、市側が六月に実施したアンケートを紹介。市内では樹齢三十年以上の高齢茶園が七割に上るなど、茶農家を取り巻く厳しい現状がうかがえるデータを示した。委員からは「二、三年後には立ちゆかなくなる茶工場がある」「どこも高齢化で人材確保が難しい」などと苦しい状況を訴える声が上がった。委員会は今後二回の会合を開き、一八年三月までに計画を策定する。

(古池康司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索