トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

お茶入れる適温は? 金谷小で出前授業

お茶や茶園について学ぶ児童ら=島田市金谷小学校で

写真

 県志太榛原、中遠の両農林事務所と牧之原畑地総合整備土地改良区(水土里(みどり)ネット牧之原)によるお茶についての出前授業「牧之原・茶イルド・スクール」が十一日、島田市金谷根岸町の金谷小学校であった。

 三年生八十八人が参加。お茶を入れる適温や成分、茶園に整備された扇風機の機能などについて十二問のクイズに挑戦した。その後、職員による寸劇を通して、大井川から台地まで引き上げる農業用水の仕組みや農道整備、農地造成の必要性について学んだ。

 国内屈指の茶産地である牧之原地域の茶業に関心を深めてもらおうと十年前から実施。今年は九月二十七日から十一月九日まで島田市や掛川市、牧之原市などの計十二校で授業がある。

(古池康司)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索