トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

掛川に「お茶カフェ」 炭酸入りなどアレンジも

◆9日から一般営業

9日から一般営業する「きみくらカフェ」=掛川市大池で

写真

 掛川市板沢の丸山製茶(丸山勝久社長)が六日、同市大池の総合体育館さんりーな臨時駐車場に新設した「きみくらカフェ」をプレオープンした。お茶をカウンターで注文して受け取る新業態一号店で、炭酸やジュース入りのアレンジ茶も提供する。一般営業は九日から。

 市有地五百平方メートルを借地し、地元の木材を利用した延べ百平方メートルの平屋。カウンターとテーブルで三十二席用意したほか、屋外にはテラス席があり、ゆったりくつろげる空間を演出した。緑茶は、市が推奨する「さえみどり」「つゆひかり」「おくみどり」などの品種を、四季に合わせて提供する。軽食や洋菓子も楽しめる。総事業費は四千万円。

来店者らがコーヒーチェーン店のようにカウンターで注文、受け取りをする=掛川市大池で

写真

 同社は創業八十四年の老舗緑茶メーカー。茶葉の販売に力を入れてきたが、新業態のカフェで緑茶の新たな楽しみ方を提案する。将来的には多店舗展開を目指している。火曜定休。営業時間は、平日が午前九時から午後七時、日曜日は同六時まで。問い合わせは、同店=電0537(25)7744=へ。

(赤野嘉春)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索