トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

3冠山東 快挙祝う 荒茶品評会 組合員ら喜び

「三冠達成」を祝い乾杯する出席者ら=掛川市のホテルで

写真

 今年の荒茶三大(全国、関東ブロック、県)品評会すべてで農林水産大臣賞に輝いた掛川市東山の荒茶工場「山東(やまとう)茶業組合」(組合員十六戸)が二十日、同市内のホテルで三冠達成を祝う式典を開いた。

 同じ年に最高位の大臣賞を総なめにするのは、史上初めての快挙。松井三郎市長ら約六十人を迎え、組合員と家族約四十人とともに喜びを分かち合った。

 山東茶業組合は、八月の県茶品評会で昨年の二位から一位を、七月の関東ブロック茶の共進会で昨年の三位から一位をそれぞれ奪取。九月の全国茶品評会では二連覇を果たし、上位入賞者が多い市町村に贈られる産地賞の獲得もけん引した。

 式典で、平井寿博代表理事(54)が「三冠達成を誇りに思う。皆さんのご支援のおかげです」とあいさつした。高齢化と茶価低迷で茶工場が減っている中、松井市長は「山東を手本に組織力が発揮できる組合を育て、日本一のお茶のまちにしたい」と述べた。

 会場は、山東の女性らの和服姿で華やいだ。「掛川お茶大使」を務める歌手の吉岡亜衣加さん(30)が、掛川の茶園をイメージして作詞作曲した「天葉(あまね)」を伸びやかな歌声で披露して盛り上げた。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索