トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田が新体制発表 2選手加入

ジュビロ磐田新体制発表会見で名波浩監督(中)を中心にポーズをとる新加入の中山仁斗選手(右)、森谷賢太郎選手=磐田市のヤマハスタジアムで

写真

 サッカーJ1のジュビロ磐田は十二日、二〇一九年シーズンの新体制発表会見を、磐田市のヤマハスタジアムで開いた。新加入のMF森谷賢太郎(30)、FW中山仁斗(まさと)(26)両選手は新天地での活躍を力強く誓った。

 川崎フロンターレから完全移籍の森谷選手は「献身的な動きが特徴。子どものころからあこがれていたクラブで結果を残したい」と意気込んだ。森谷選手は名波浩監督が好む技術力が高いパサー。昨年は川崎で出番が少なかったが、高いキープ力は磐田にとって大きな武器となりそうだ。

 J2モンテディオ山形から完全移籍の中山選手は、J3ガイナーレ鳥取から山形などを経て、J1にたどりついた苦労人だ。「体が強いので、ゴール前の迫力あるプレーを見てほしい」と自信をのぞかせた。

 このほか、J2ツエーゲン金沢に期限付き移籍していたDF石田崚真(りょうま)選手(22)=湖西市出身=が復帰するのも朗報だ。石田選手は右サイドからの正確で鋭いクロスボールに定評がある。金沢では柳下正明監督から二年間の厳しい指導を受けてきた。

 磐田は十四日から上位進出を目指して全体練習を開始する。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索