トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

清水2−1横浜M 逆転勝ち

地元の漫画家さくらももこさんを悼み、右腕に喪章をつけてプレーする金子(30)ら清水イレブン

写真

 明治安田J1第18節第3日は29日、日産スタジアムで1試合を行い、清水が横浜Mに2−1で逆転勝ちした。6試合ぶりの勝利で勝ち点31とし、11位に上がった。横浜Mは同26で15位。7月28日に台風の影響で中止となり、代替開催された。

◆さくらさん悼み喪章

 地元の漫画家さくらももこさんの訃報を受け、ユニホームに喪章をつけて臨んだ清水が、6試合ぶりの勝利を挙げた。ヨンソン監督は「厳しい試合で勝ち点3を取れたことは非常にうれしい。少しの差で勝てた」と、ようやく一息ついた。開始早々に1点を失う嫌な展開をひっくり返したのは金子の活躍だ。

 前半27分、松原の左からの折り返しを左足で決めて今季9点目となる同点ゴール。後半4分には前線に走り込むドウグラスへ正確なボールを送って、豪快な勝ち越し点を演出した。「何とか1点取り返そうと思っていた。(ドウグラスは)スーパーな一撃を決めてくれた」と喜んだ。

 終盤は10人の相手に押し込まれたが、失点は免れた。台風で未消化だった下位に沈むチーム同士の一戦に競り勝ち「早くJ1残留を決めるためにも大きな1勝だった」と金子は言った。

 試合前のロッカーで「おどるポンポコリン」を流して気持ちを高めたチームに、サポーターは試合後「ちびまる子ちゃん」の旗を振ってねぎらった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索