トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田 好調の名古屋止めたい 山田が意欲

名古屋戦に備えて調整する磐田のMF山田大記選手(中央)=磐田市で

写真

 ジュビロ磐田のMF山田大記選手(29)=浜松市出身=は二十九日、名古屋グランパス戦(九月一日・磐田市のヤマハスタジアム)に向け「ホームで六連勝の相手を止めたい」と名古屋の連勝ストップに全力を注ぐ決意を示した。

 山田選手は直近二試合に守備的MFで起用され、一勝一引き分けと結果を残した。名古屋を「攻撃が最大の防御というチーム。磐田はどこでボールを奪うのかなど守備の意思統一を図ることが大事」と強調した。

 一方、名波浩監督から指摘されているのが攻撃時でのミスをなくすこと。前節鹿島戦では、中盤の選手らがボールを何度か奪われ、鋭いカウンターを喫している。山田選手は最近三試合、フル出場と好調を維持。「夏は得意。残り十試合。チームの勝利のためにも貢献したい」としたたる汗をぬぐった。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索