トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

清水1−2札幌 逆転負け

清水−札幌 前半、コーナーキックがオウンゴールとなり先制した清水

写真

 明治安田J1第24節第2日は25日、IAIスタジアム日本平などで4試合が行われ、清水は札幌に1−2で逆転負けした。

 清水は札幌に競り負け、リーグ戦5戦連続未勝利。序盤に得点機を多くつくったのは、前節で堅守の浦和相手に3点を奪った清水だった。前半3分、FW北川が決定的なシュートを放ち、わずかに枠の右にそれる。同20分の石毛のシュートも相手DFに阻まれたが、コーナーキックを獲得し、相手オウンゴールで先制した。

 札幌が後半、MF小野を投入すると直後にパスがつながり、FW都倉の勝ち越しゴールにつながった。清水は、相手選手の足が止まり始めた試合終盤に幾度もゴールに迫ったが、決めきれなかった。放ったシュートは相手を上回る10本。前節浦和戦で見せた決定力は鳴りをひそめてしまった。

 勝ちきれない試合が続く中、出場停止や代表選出以外でメンバー変更は少ない。さらに攻めあぐねる中でも、2戦連続で交代枠を使い切らなかった。

 試合後、ヨンソン監督は「内容、流れが良く、交代の必要はなかった」と振り返ったものの、試合終盤に攻撃の雰囲気を変える選択肢は少ない。

 FWクリスランは札幌が小野を投入したのとほぼ同時に出場したが、先手を打って攻撃することはできなかった。

 昨季を超える9勝を前に、苦しい戦いが続く。

(瀬田貴嗣)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索