トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田、総力戦で連勝狙う あす鹿島戦

紅白戦で、MF山田大記選手(左)と競り合うFW大久保嘉人選手=磐田市のヤマハ大久保グラウンドで

写真

 ジュビロ磐田は二十二日、磐田市のヤマハ大久保グラウンドで、二十四節・二十四日の鹿島アントラーズ戦(茨城県カシマスタジアム)に備えた最終の紅白戦を実施した。磐田は総力戦で二連勝を狙う。

 けが人続出の磐田は前節の柏戦で、MF松本昌也選手(23)が先制点をマークするなど、若手の台頭もある。また、鹿島戦ではDF藤田義明選手(35)が今季初先発する可能性もある。磐田の名波浩監督は「こういう緊急事態に、若手が活躍したり、控えのベテランがチームを支えることは価値がある」と語った。

 好調をキープしているのは、柏戦で移籍後初得点をマークしたFW大久保嘉人選手(36)と、MF山田大記選手(29)。大久保選手は「川崎在籍時のことし四月の鹿島戦で得点しているので、いいイメージをもって試合に臨むことができる」と前向きな言葉を残した。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索