トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

ジュビロ選手が3小学校訪問

児童のPKをキャッチするジュビロ磐田のGKカミンスキー選手=磐田市福田小学校で

写真

 ジュビロ磐田選手会(桜内渚会長)が四日、磐田市内の小学校三校を訪問し、ヴィッセル神戸戦(五月十二日・ヤマハスタジアム)の一斉観戦へのお礼を伝えるとともに、子どもたちと交流した。

 このうち、同市福田小学校には、GKカミンスキー選手(27)=ポーランド=が訪れ、五、六年生の約二百五十人と触れ合った。ドリブル競争の後のペナルティーキック(PK)戦は盛り上がった。

 五、六年生の代表数人がPKを蹴り、GKを務めたカミンスキー選手は一本を除いてすべてキャッチし、児童らを驚かせた。交流後、児童の代表が「十八日に再開するJ1リーグではまた“神セーブ”を見せてください。けがをしないように頑張ってください」とあいさつ。カミンスキー選手は「PK戦では本気でゴールを守ってしまった」と苦笑い。さらに「また、皆さんとヤマハスタジアムでお会いしましょう」と話した。

 選手会の小学校訪問は、同市と市教委との共催事業で、二〇一〇年から毎年催されている。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索