トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田 ルヴァン杯G大阪戦へ 主力選手ら熱く

G大阪戦に向けた名波浩監督(右端)の戦術説明を聞く選手ら=磐田市で

写真

 ジュビロ磐田は30日、磐田市のヤマハ大久保グラウンドで、ルヴァンカッププレーオフステージ第1戦のG大阪戦(6月2日・大阪府吹田スタジアム)に備えて調整をした。けが人を除くほぼベストメンバーでG大阪戦に臨むことが確実となった。

 W杯ロシア大会でJ1リーグが一時中断するため、磐田はルヴァンカップのプレーオフステージで主力を投入する。調整ではエースストライカーのFW川又堅碁選手(28)やDF大井健太郎主将(34)が声を出して、チームをけん引していた。プレーオフステージはホーム&アウェー方式の2試合で勝者が決まる。第2戦は6月9日、磐田市のヤマハスタジアムで開催される。名波浩監督は「プレーオフステージは2試合の合計で勝者が決まるので戦い方が難しい。積極的な守備を進めるが、リスク管理もはっきりさせたい」と話していた。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索