トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田の中村 練習試合で存在感

ホンダの選手に囲まれながら、ボールをキープする磐田のMF中村俊輔選手(中)=磐田市で

写真

 ジュビロ磐田は27日、磐田市のヤマハ大久保グラウンドで、JFLのホンダFCと練習試合を行い、1−1で引き分けた。磐田は看板司令塔の中村俊輔選手(39)が抜群の存在感を見せた。

 ホンダ戦で先発出場した中村選手は長短織り交ぜたパスで磐田の攻撃にリズムを与えた。前半16分には、左足でシュート。ボールは惜しくもゴールバーに当たって得点にならなかったが、詰め掛けた約650人のファンをうならせた。中村選手は左脚ふくらはぎの肉離れでリーグ戦5試合を欠場。前節の湘南ベルマーレ戦で交代出場から戦列復帰していた。

 磐田は前半20分、FW中野誠也選手(22)が右足で豪快なシュートを決めて先制したが、後半に同点に追い付かれた。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索