トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

ゴン中山の魂継承 磐田の大井、34歳誕生日

34歳の誕生日を迎え、抱負を語る磐田のDF大井健太郎主将=磐田市で

写真

 ジュビロ磐田のDF大井健太郎主将が十四日、三十四歳の誕生日を迎え、「OBのFW中山雅史選手(現J3アスルクラロ沼津)の魂を継承し、やれるところまで現役を続けたい」と意欲を燃やした。

 プロ十六年目の大井主将は「一年一年、頑張ってきたことが今日につながっている」と感慨深げに話した。目標とするのは、ゴンこと中山選手。ポジションは違うが、最後まで諦めずに、貪欲にゴールに向かう姿勢は、プロ選手として感銘を受けたという。

 今季の目標を五位に掲げる磐田はJ1リーグ十四節を終えて六位。「六位という成績には満足はしていないが、最終的には五位以内を狙える力は備わってきた」とみる。「さらに、守備の連係を高めていきたい」と前を向いた。十四節までDF高橋祥平選手(26)とともに、フルタイム出場を継続中だ。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索