トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田頑張れ! 地元児童が一斉観戦

J1磐田−神戸戦の試合開始前に、フラッグやタオルを手に選手を迎える地元磐田市の小学生たち=ヤマハスタジアムで

写真

 磐田市内の全二十二小学校の五、六年生約三千二百人が十二日、磐田市のヤマハスタジアムで開催されたサッカーJ1リーグ・ジュビロ磐田−ヴィッセル神戸戦で、ジュビロに大声援を送った。しかし、試合は応援もむなしく0−2で敗れた。

 磐田市主催。二〇一一年から毎年一回、一斉観戦授業の一つとして実施されている。この日は快晴で、心地よい風も吹き、スポーツ観戦には最適となった。スタジアムのバックスタンドに陣取った小学生は、ジュビロがチャンスを迎えると、タオルマフラーを振り、手拍子や声援を送った。

 これで、一斉観戦授業時のジュビロの戦績は五勝三敗となった。試合後、磐田の選手らはバックスタンドに整列。磐田の大井健太郎主将(33)は「声援を送ってくれたが、勝つことはできなかった。また、応援に来てください」とあいさつした。

 シュートゼロに終わった磐田のFW川又堅碁選手(28)は「児童が懸命の声援を送ってくれたのに悔しい結果となった」と話した。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索