トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田 中盤で主導権、守備安定

 ホームで痛恨のスコアレスドロー。清水を無失点に封じたGKカミンスキーは「残念な結果。目標のトップ5入りを果たすためには、こういう拮抗(きっこう)した試合でも、点をもぎ取るという姿勢が必要だった」と声を絞った。

 磐田の守備は機能した。最終ラインを下げず、コンパクトな守りで、清水の攻撃を孤立化させた。磐田の名波浩監督も「3バックの前の田口と上原がセカンドボールを拾ってくれて、攻撃につなげてくれた」と合格点を与えた。磐田は3節のFC東京戦から清水戦まで、4試合で失点はわずか1。昨年、リーグ最少失点をマークした守備陣は今季も健在だ。

 問題は、決定力不足の攻撃陣。磐田のシュート数は清水の5本を大きく上回る13本を打ったが、精度を欠いた。後半2分のFW川又のヘディングシュートは相手GKが止めた。後半11分は川又が2本シュートを放ったが、決められなかった。両アウトサイドからのクロスボールも単調だった。MF田口は「点を取らないと勝てない」、MF中村は「ホームだけに勝ちたかった」と唇をかみしめた。

 ただし、MFアダイウトンが大けがで戦列を離脱。爆発的なスピードの攻撃的MFが欠けた中、中盤のパスワークで攻撃の形をつくりだし続けたことは収穫。とりわけ、MF山田の切れ味鋭いパスとドリブルは、攻撃に変化を加えた。安定した守備と試合の主導権を握る中盤の力はある。上位浮上のために求められるのはゴールだけだ。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索