トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田の山田 次戦出場でJ1通算100試合

4月1日の浦和戦でJ1通算100試合出場を達成する磐田のMF山田大記=磐田市のヤマハ大久保グラウンドで(川住貴撮影)

写真

 磐田のMF山田大記(29)は、4月1日の浦和戦(エコパスタジアム)に出場すれば節目のJ1通算100試合となる。同試合は4月のリーグ7連戦の初戦。「記録はあまり気にしてはいない。むしろ、記憶に残る選手になりたい。チームとして非常に大事なゲーム。勝つことで勢いに乗れると思うし、点を取りたい」と必勝を誓った。

 2011年に明大から磐田に入団。1年目から主力を務め、2年目から主将として活躍した。14年7月にドイツ・カールスルーエSCに移籍。磐田には昨年復帰した。名波監督は「中盤ならどこでもできるし、両アウトサイドも務めることができる。チームの状況に合わせて起用したい」という。 また、左脚大腿(だいたい)二頭筋肉離れで戦列を離脱していたMF中村俊輔(39)が28日、チーム練習に部分合流した。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索