トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田 J2松本と練習試合 2トップの連係に課題

松本山雅との練習試合で、右サイドを突破する磐田のFW川又堅碁選手(左)=磐田市で

写真

 ジュビロ磐田は二十六日、磐田市のヤマハスタジアムで、J2の松本山雅と練習試合を行い、1−0で勝った。

 MFアダイウトン選手(27)がけがのため長期離脱となった松本戦で、2トップを試した。

 前半は川又堅碁選手(28)と小川航基選手(20)でスタートしたがミスが多く、連係面で課題を残した。

 後半は川又選手に代わって、中野誠也選手(22)が交代出場。幅広い動きから決定的なシュートを三本放ち、存在感を示した。

 川又選手は2トップについて「二人の連係が深まれば、得点チャンスは確実に増える」と手応え。小川航選手も「試合を積み重ねて、コンディションを上げていきたい」と前を向いた。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索