トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

清水 先制実らず 仙台と1−1

清水−仙台 前半、ゴール前にパスを出す清水の金子=IAIスタジアム日本平で

写真

 明治安田J1第4節は18日、9試合があり、清水は仙台と1−1で引き分けた。

 今季リーグ戦無敗同士の戦いは引き分けに終わり、清水は昨年8月以来のホームでの勝利はならなかった。相手に押し込まれる時間が長く、結果以上に課題が見える試合となった。

 立ち上がりに主導権を握ったのは清水だった。ボールを持たれる時間は長かったが、DFを中心にプレッシャーを掛けた。前半9分、MF金子が30メートルの距離から無回転シュートを放ち先制。「ファーストシュートなので思い切って狙った。うまく追い風に乗った」と振り返った。

 しかし後半に入ると、清水はボールを奪っても中盤で落ち着かせることができず、シュート7本を浴び防戦一方に。相手に連続してコーナーキックを与え、後半25分、ゴール前のこぼれ球を押し込まれて同点に追い付かれた。終盤にはFW鄭大世(チョン・テセ)を投入したものの、勝ち越しには結び付かなかった。

 一人気を吐いた金子は「90分持つ戦い方をしていない。どこかで落ち着く時間をつくらないと今日みたいに押し込まれる」と話した。

(瀬田貴嗣)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索