トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

高円宮杯U18サッカー表彰式

◆袋井高「Vで意識向上」

大会後援の有国三知男スルガ銀行取締役から記念トロフィーを受ける袋井高の沢木徹監督(右)=静岡市葵区で

写真

 県サッカー協会主催の「高円宮杯U−18サッカーリーグ2017静岡・スルガカップ」の表彰式が二十六日、静岡市葵区のクーポール会館であり、各リーグの優勝チームに記念品が贈られた。

 大会は昨年三〜十月、十八歳以下の高校、クラブの計三十四チームが三リーグに分かれて覇を競った。最上位のAリーグは袋井高が初制覇。Bリーグは清水東高、Cリーグは静岡学園高サードがそれぞれ優勝した。

 袋井高は大会後、上位リーグのプリンスリーグ東海出場を懸けて参入戦に挑んだが、昇格はならなかった。沢木徹監督は「優勝したことで意識面でチームがレベルアップした。簡単に勝たせてもらえるリーグではないが、もう一度、参入戦に挑みたい」と、今季のAリーグ戦に向けて気を引き締めた。

 今季の大会は、A、Bリーグに昨季と同じ各十チーム、Cリーグには昨季より二チーム多い十六チームが参加し、三月から熱戦を繰り広げる。

(白旗一貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索