トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田が王者川崎迎え きょう開幕戦

川崎戦に備えて調整する磐田のMF中村俊輔選手(中央)=磐田市のヤマハ大久保グラウンドで

写真

 ジュビロ磐田は二十五日、袋井市のエコパスタジアムに、昨季王者の川崎フロンターレを迎え、J1開幕戦を行う。二十四日、磐田市のヤマハ大久保グラウンドで最終調整を実施し、名波浩監督は「先制点が勝利のカギを握る」と勝利に意欲を示した。

 この日の調整は約一時間半かけて、ウオーミングアップの後、パス回し、リラックスゲームをこなした。川崎について、名波監督は「先制すると抜群の強さを発揮するチーム」と分析。「うちは我慢の時間帯が続くと思うが、攻撃的な守備を心掛けたい」と語った。さらに指揮官は、川崎戦のキーマンにMF中村俊輔選手(39)を指名し、「試合を読む力がある」と評価した。

 多彩な攻撃力を誇る川崎が主導権を握る展開が予想されるが、磐田も昨年はリーグ最少失点をマークし、守りは堅い。GKカミンスキー選手(27)=ポーランド=は「川崎に勝てば、波に乗れる。チームの状態も良い」と明るい表情を浮かべた。中村選手も「開幕戦だけに力が入る。チーム一丸となって戦いたい」と闘志をにじませた。磐田のシステムは3−6−1が有力だ。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索