トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田のカミンスキー 開幕へ闘志

◆守護神 「無失点」任せろ

軽快な動きでボールを追う磐田GKのカミンスキー=鹿児島市鴨池補助競技場で

写真

 ジュビロ磐田のGKカミンスキー(27)=ポーランド=は「鹿児島キャンプは順調にきている。新加入選手とのコンビネーションを構築、今季は無失点試合をさらに増やしたい」と闘志をのぞかせている。

 磐田は8日、鹿児島市鴨池補助競技場で、V・ファーレン長崎と練習試合を実施。1本目に出場したカミンスキーは3失点を喫したが、あえてつなぐサッカーに挑戦した結果だけに、気にはしていない。新加入のDFギレルメ(30)やMF田口泰士(26)の特徴を把握することができた。まぢかに迫ったJ1開幕戦に向け、準備は整ってきた。

 磐田は昨年、リーグ34試合で最少失点30を記録した。2016年の50失点から、大幅に改善した。そこには、DF大井健太郎主将(33)らと何度もミーティングを重ね、守備のやり方を積み上げてきた結果があった。

 磐田の守護神は磐田のトップ5入りという目標について「1シーズン全体のことを考えてプレーするよりも、1試合、1試合、確実に勝ち点をマークすることだけを考えてプレーすることが目標達成につながる」と話した。さらに「両サイドバック、センターバック、守備的MFらと密に話し合い、課題を修正し続けることをやっていきたい」と前を向いた。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索