トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田の田口 移籍後初ゴール

町田との練習試合でゴールを決める磐田・田口泰士選手=鹿児島市の鴨池補助競技場で

写真

 名古屋グランパスからジュビロ磐田に完全移籍したMF田口泰士選手(26)が四日、鹿児島市の鴨池補助競技場で行われたJ2町田ゼルビアとの練習試合で初得点をマークした。

 今季の戦力補強の中心選手が、結果を残した。三本目から守備的MFで出場した田口選手は、MF山田大記選手(29)らと小気味の良いパスを交わしてリズムをつくった。そして四十五分。山田選手からのスルーパスに鋭く反応、右足を振り抜くと、ボールがゴールに突き刺さった。

 試合後、「僕は磐田に入ったばかりですし、得点よりも、チームメートとの連係が良くなってきていることが収穫。中でも、山田大記さんとは同じイメージでプレーできる」と話し、手応えをつかんだ様子だった。

 田口選手はプロ十年目での初の移籍を「新しい挑戦」と表現した。鹿児島キャンプの宿舎は、仲の良いFW川又堅碁選手(28)と同部屋。「みんな親切にしてくれるし、食事もおいしい。これからですね」と話した。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索