トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田選手が県内スポンサー訪問

◆中村選手「足元見詰め戦う」

激励会で記念撮影をする中村俊輔選手(中央)=浜松市東区のサーラプラザ浜松で

写真

 サッカーJ1が二月二十三日に開幕するのを前に、ジュビロ磐田の選手が十二日、県内のスポンサー約百社を訪ね、新年のあいさつと、ホームゲームへの来場をPRした。

 オフィシャルスポンサーのサーラグループは、浜松市東区のサーラプラザ浜松にMF中村俊輔(39)、MF藤川虎太朗(19)両選手を招いて激励会を催した。

 サーラグループの役員が「優勝目指して頑張ってほしい」とあいさつ。中村選手は「昨年は六位だったので、さらに上位を期待されるが、きっちりと足元を見詰めた戦いをしたい」と抱負を語った。両選手に花束が贈られ、社員らとの記念撮影会があった。

花束を贈られた松浦拓弥選手(左)と森下俊選手=浜松市東区の中日新聞東海本社で

写真

 浜松市東区の中日新聞東海本社には、DF森下俊(31)、同市出身のMF松浦拓弥(29)両選手が訪ね、新シーズンの決意を語った。

 昨年、リーグ最少失点の堅固な守備を支えた森下選手は「優勝したい」と闘志をにじませた。昨年のヴィッセル神戸戦でプロ初の直接FKを決めるなど攻撃陣をリードした松浦選手は「チームの勝利に貢献したい」と話した。

 磐田は十五日から、全体練習をスタートさせて開幕に臨む。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索