トップ > 静岡 > ドラゴンズ鈴木翔太 > 記事一覧 > 2016年の記事一覧 > 記事

ここから本文

ドラゴンズ鈴木翔太

翔太いきなり121球 沖縄キャンプ始まる

ブルペンで投げ込む鈴木翔太投手=1日、沖縄県の読谷球場で

写真

 プロ野球中日ドラゴンズが一日、沖縄県でキャンプインし、二〇一四年ドラフト一位の鈴木翔太投手(20)=浜松市出身=が、いきなり百二十一球のピッチングを披露した。「紅白戦、練習試合、オープン戦、すべて第一戦で投げられるよう準備しておきたい」と今季にかける決意を語った。

 雨に強風、着地する足元がぬかるむ悪コンディションにもかかわらず、鈴木投手は小気味よく投球を続け、ストレート主体でスライダー、フォークも交えた。

 昨年、一軍では二試合に投げただけ。二軍でも十二試合に登板したものの一勝六敗。物足りなさが目立った。「原因は技術的なものもあるかもしれませんが、メンタル面で弱かったのかも。メンタル面を強くしていかないと」と自らに言い聞かせるように話した。

(宮脇渉)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索