トップ > 中日新聞しずおか > 静岡けいざい > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡けいざい

ロボアドバイザー活用 静銀が資金運用サービス

 静岡銀行(静岡市葵区)は、顧客に応じた資産運用方針を提案するコンピューターシステム「ロボアドバイザー」による投資一任運用サービス「しずぎんラップ(MSV LIFE)」の取り扱いを始めた。

 マネックス・セゾン・バンガード投資顧問(東京)が運営するロボアドバイザーを活用。顧客が投資金額やリスク許容度、目標金額などを選択すると、希望に応じて投資の判断や売買、相場に応じた投資先の組み替え提案などを包括的に行う。

 「ためる」「たのしむ」「そなえる」の三つの投資タイプから選択可能で、最低投資金額は千円。静岡銀とマネックス・セゾンに支払う信託報酬は運用残高の1%未満。専用サイトで日々の運用状況や目標達成率などを確認できる。問い合わせは、静岡銀行投資信託デスク=フリーダイヤル(0120)104813=へ。

(伊東浩一)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索