トップ > 中日新聞しずおか > 静岡けいざい > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡けいざい

静岡伊勢丹に健康スペース グループ百貨店で初

30日にオープンする「ウェルネスパーク静岡」=静岡市葵区の静岡伊勢丹で

写真

 静岡伊勢丹(静岡市葵区)は三十日、健康に関する助言やサービスを受けながら商品を購入できる常設の売り場「ウェルネスパーク静岡」を本館七階に開設する。健康チェックと商品販売を組み合わせた売り場を常設するのは、全国に二十四店ある三越伊勢丹グループの百貨店の中で初めて。

 売り場は約八百平方メートル。木材や観葉植物を置きリラックスできる空間にした。八つのテナントが入り、血圧測定や身体のゆがみ、自律神経のバランスなどを確認した後、各店舗で状態に応じたアドバイスを受けられる。用途に合った運動靴などのほか、正しい姿勢で座れる椅子、健康を特集した本、サプリメントなどを購入することができる。

売り場では脈拍を測定して自律神経のバランスなどをチェックできる=静岡市葵区の静岡伊勢丹で

写真

 二十八日に内覧会があり、静岡伊勢丹の山田央士(ひさし)セールスマネージャー(40)は「買い物途中に気軽に立ち寄って『健康度』を高めてもらいたい」と話した。

 静岡伊勢丹と静岡市は、市が力を入れるまちづくり構想「健康長寿のまち」の実現に向けた協定を今年三月に締結。市は売り場を活用して今後、健康づくりなどに関する情報発信を進める。

(沢井秀之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索