トップ > 静岡 > 地域特集 > 茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶ばなし

茶の消費拡大へ積極意見 駿河区で主婦ら

静岡茶の需要拡大に向けて提案する参加者ら=静岡市駿河区で

写真

 静岡茶が飲みたくなるアイデアを消費者らから募るワークショップが四日、静岡市駿河区の県男女共同参画センターあざれあであった。県内の主婦、大学生など消費者六人と旅館、コーヒー製造販売など異業種の九人が参加。四、五人のグループで話し合いつつ、提案した。

 女性に静岡茶をもっと好きになってもらう案として、若い女性は「占い付きのお茶」「恋愛運など運が高まるお茶」などを提案。会員制交流サイト(SNS)の活用も促し「インスタグラムに映える茶器」が挙がった。「茶娘衣装を着せてくれる店がほしい」と体験のニーズも指摘された。

 県茶業会議所が静岡茶の需要拡大に向けて九〜十二月に全五回開催。今回は二回目で、今後は首都圏でも開いて消費者のニーズをつかみ、商品やサービス案をまとめる。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

衆院選2017 静岡

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索