トップ > 静岡 > 地域特集 > 茶ばなし > 記事一覧 > 2017年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶ばなし

山東が今季3冠 全国茶品評会

 長崎県で五〜八日に開かれた第七十一回全国茶品評会(全品)では、県勢が三部門で農林水産大臣賞に輝く好成績を収めた。中でも深蒸し煎茶の部で大臣賞を獲得した山東(やまとう)茶業組合(掛川市)は、今季の三大茶品評会を総なめにする「三冠」を達成した。

 JA静岡経済連によると、成績書が残る一九七八(昭和五十三)年以降で、一シーズンに三冠を果たした茶工場はない。全品深蒸し煎茶の部で、二度の日本一を刻んだ茶工場はあったが、五度目の制覇は群を抜いている。

 山東の組合員十六人の平均年齢は四十八歳。四十歳以下のメンバー六人でつくる青年部長の山本亮博さん(39)は「組合には、若い人の話を聞く環境がある」と話した。

 今回、県勢は五部門に六十六点が入賞した。経済連の堀要・茶業部長は「静岡茶の名声を全国に広めることができた」と頑張りを評価した。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

衆院選2017 静岡

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索